• ホーム
  • トラネキサム酸はのどの痛みにも利く?

トラネキサム酸はのどの痛みにも利く?

のどが乾燥したりウイルスが感染すると、のどが痛んだり腫れたりします。
こういった症状を良くするには、のどの痛みの原因となる炎症を鎮静化しなくてはなりません。
この働きをするのが、トラネキサム酸です。
トラネキサム酸は、炎症の原因となる物質プラスミンが増えるのを抑えて、痛みを鎮める効果があります。
炎症が広がるのを防ぐので、のどの痛みや腫れや口内炎の症状が改善されます。

のどの痛みの原因であるプラスミンは、血液中にあるプラスミノーゲンというタンパク質が、のどの異常に反応した結果変化した物質です。
プラスミンが生じると、炎症や痛みの原因となるヒスタミンやプロスタグランジンを発生させるので、口内炎などの炎症や痛みが起こります。

トランサミンは、主成分としてトラネキサム酸を配合しており、のどの炎症や口内炎を改善する薬として医師から処方されます。
この場合、1日の服用量は大人で750mgから2,000mgまでと定められており、患者の年齢やのどの腫れ具合に合った量を処方してくれます。
これらを1日3回ほどに分けて服用します。

市販薬の風邪薬にトラネキサム酸が配合される場合には、1日の服用量が最大で750mgと定められており、市販薬によって分量が異なります。
市販薬の風邪薬には、トラネキサム酸のほかにもビタミンや鎮痛剤といったものが同時に配合されています。
市販薬の場合も、1日3回に分けて服用します。

トランサミンは、のどの痛みや口内炎が始まったら早目に服用することで、より高い効果を得る事ができます。
プラスミンが患部に広がるのを早めに防ぐことで、炎症が悪化するのを抑えることが可能になります。
少しでもおかしいなと感じたり痛みがあったりするときは、早めにトランサミンを服用しておくと、炎症による激しい痛みを避ける事ができます。

トラネキサム酸成分が配合された風邪薬は、市販薬として薬局などで販売されています。
ご自分の症状に合わせた市販薬を選んで、効果的にのどの痛みを治す様にしましょう。

服用を避けた方がいい人とは

ただし、トランサミンのような、トラネキサム酸が配合された風邪薬を服用する際には注意しなければならない点があります。
トラネキサム酸はのどの腫れや痛み、口内炎などの炎症を抑える風邪薬に配合されていますが、トラネキサム酸には血液凝固作用があり、止血薬としても用いられます。
プラスミンは血液を凝固させるフィブリンを分解する働きがあるのですが、トラネキサム酸によってプラスミンが抑制されることで血液凝固が促進され、血栓ができやすくなります。

そのため、血栓症の疑いのある人や血液凝固障害のある人、血液凝固を促進するトロンビンという薬や血液凝固因子製剤を使用している人はトラネキサム酸によって血栓の形成が増幅するので服用を避けた方がいいでしょう。
血栓ができやすい状態なので、術後に臥床状態にある人も注意しなければなりません。
また、薬は正しい用量を服用し、体内で効果を発揮した後は速やかに体外へ排泄されなければなりません。
そのため腎機能が低下している人や高齢者は、服用した薬が体外に正常に排泄されず副作用が生じる可能性があるので注意した方がいいでしょう。

以上の状態に当てはまっていない人も、風邪を早く治したいという気持ちから「たくさん服用すればもっと効果がでるだろう」と過剰摂取するのは副作用が生じる原因になるので危険です。
トラネキサム酸成分は正しく服用することでのどの痛みや口内炎などの炎症を抑える効果があります。
トラネキサム酸が配合された市販薬を使用する際には正しい用法・用量で服用し、他の市販薬との併用は成分を調べるようにしましょう。
また、病気を治療していて、医師に処方されている薬があれば併用可能かどうか必ず医師に相談しましょう。